沖縄県宮古島でのシュノーケリングに憧れて、宮古島のスローライフに憧れて・・・そんな釣りバカのブログです。

珊瑚に触れたら痒みとかぶれで眠れなかった…サンゴ皮膚炎の恐怖

今あなたがこの記事にたどり着いたということは、おそらくあなたも珊瑚礁に肌が触れて痒みやかぶれに悩まされているのではないでしょうか。もしそうであればこの記事が役に立つと思います。これは沖縄宮古島でシュノーケリング中に珊瑚に肌が触れてしまい、ひどい痒みとかぶれに襲われた男の話。

珊瑚がこんなに危険な生物だってことを知らなかった

私は沖縄の海が大好きで年に数回沖縄に通ってシュノーケリングを楽しんでいます。過去にインストラクターやシュノーケリングのガイドサービスなどを利用したことは一度も無く、いつも自分でシュノーケルセットを用意して友人や家族数名でシュノーケリングを楽しんでいます。そのため海の危険についての知識が乏しかったのだと思います。

しかしそれでも珊瑚礁は危ないから触ってはいけないという話はどこからともなく耳に入ってくるものです。私も珊瑚には触らないほうがいいということは知っていましたが、具体的に何がどのように危険なのかまではそれほど深く考えたことも無く。珊瑚は硬いので手や足を切ってしまうからかなぁ・・程度のイメージでした。

そんなある日、宮古島でシュノーケリングを楽しんでいると、珊瑚と地面の隙間に大きなシャコガイを見つけました。

 

シャコガイはとっても美味しいので宿に持ち帰って皆で食べよう!という話になり、腕の一部を思いっきり珊瑚に触れた状態でシャコガイを捕るのに必至になってしまいました。※写真はたまたま友人が撮影したものです。

 

このときはザラザラの岩に腕をこすった時に感じるような痛み(擦り傷になるかな?程度の痛み)はありましたが、そんなことよりもシャコガイに夢中でした。まさかあんなことになるとは・・。

痒い!痒い!とにかく痒くて眠れない!

症状はその日の晩からさっそく現れました。痒くて痒くてたまらないのです。上の写真と見比べてみてください。珊瑚に触れた部分だけがきれいにかぶれました。

 

最初は痛痒いという感じでした。この痒みは我慢できるレベルではありません。眠っていてもボリボリボリボリかきながら起きてしまいます。爪でかくと痛いので手のひらを力いっぱい擦りつけて摩擦でかきました。初日の晩は全然眠れませんでした。氷をビニール袋に入れて患部に直接当てて冷やして誤魔化すという方法で、冷たすぎて痛く感じるほど氷を当て続けるとだいぶ気が紛れます。

これは絶対におかしい。珊瑚は危険だというのはこういうことなのか、とネットで調べてみると、すぐにサンゴ皮膚炎というキーワードにたどり着きました。珊瑚には毒があるだと!?珊瑚はクラゲやイソギンチャクと同じ刺胞動物で、引っ掛けて傷を作ると傷口に毒がある刺胞が入り込み化膿することがあるらしい・・。おそらく珊瑚に腕が擦れたときに小さな傷ができ、そこに毒が入ってしまったんだと思います。完全にやらかしました。

サンゴ皮膚炎と診断された

次の日さっそく病院(皮膚科)へ行くことにしました。ネットで調べたとおり「サンゴ皮膚炎の可能性あり」と診断され、デルモベートクリーム0.05%アンテベート軟膏0.05%という2種類のステロイドの塗り薬を出してもらいました。最初の2週間程度はデルモベートクリーム0.05%を塗り、かぶれがおさまって患部がニキビのような見た目になってきたらアンテベート軟膏0.05%に変えてくださいと。

 

きれいな珊瑚には毒があります。だから絶対に触ってはいけないんですね。身をもって痛感しました。ただの日焼け対策ではなく、このような様々な危険から身を守るためにもウェットスーツやラッシュガードなどの対策も必須ですね。

 

それからは塗り薬を1日3回ほど塗る毎日が始まりました。

7日目。全体のかぶれは少しおさまり、2箇所ほど赤い大きな痕が目立つようになってきました。痒いです。

 

14日目。全体の赤みはほとんどなくなり、大きなニキビのようなものがいくつも出来てきました。まだ痒いです。

 

21日目。この頃になるとかさぶたのようなものができ、痒みはほとんどなくなりました。しかし少し刺激を与えると痒くなります。例えば皮膚炎の症状がある所の付近を蚊に刺されてかいていると、皮膚炎もうずいて痒くなる感じ(笑)

 

40日目。全く痒みは無くなりましたので塗り薬はやめました。しかしまだ痕がボコボコと膨らんでいて気持ち悪いです。

 

50日目。痒みは一切ありません。かさぶたをめくると血が出てきます。

 

60日目。珊瑚に触れてから2ヶ月経ちました。かさぶたもほとんどなくなり、黒っぽいシミのような痕だけが残っている感じです。

 

90日目。3ヶ月経過。シミのような痕が消えません。痒みや痛みのような症状は一切ありませんし、ニキビのような膨らみもありません。シミのような痕だけが残っている感じです。

珊瑚皮膚炎は怖い!沖縄でシュノーケリングするならご注意を

珊瑚に腕が触れた瞬間から3ヶ月までの様子をご覧頂きましたが、この調子だと完全に痕が消えるまで半年~1年ぐらいかかりそうです。私は男性ですので痕はそれほど気になりませんが、女性の腕や顔などが珊瑚に触れたらと思うとゾッとしますね。

今回身を持って知ったのは、珊瑚は毒を持っているということ。そして珊瑚に触れてしまうとサンゴ皮膚炎という皮膚の炎症が起こり、我慢できないほどひどい痒みに1週間苦しめられます。痒みは徐々に和らぎますが約1ヶ月継続しますし、シミのような痕は3ヶ月経っても消えません。

きれいな珊瑚礁でシュノーケリングする際には十分にご注意くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。